プロフィール

くだものの里・壮瞥町

signpost 北海道南西部・有珠山の麓、洞爺湖のほとりに位置する壮瞥(そうべつ)町は小さいながらも歴史ある北海道の果樹産地です。

透水性が良くリン酸等の豊富な有珠山の火山灰でできたこの土壌からは、実の締まった美味しい果物ができます。また、北海道としては温暖な気候のため,りんご、さくらんぼといった北国の果物のほかに、もも・くりなどの果物も栽培されています。

町の中心を通る国道453号線沿いには「そうべつくだもの村」の果樹園が並び、春のイチゴから秋のリンゴまでくだもの狩りでにぎわっています。

    < 自然条件>

  • 年平均気温: 8.8℃
  • 年平均降水量:1,285mm
  • 根雪期間: 12月下旬から3月中旬
  • 最高積雪深: 60cm
  • 土壌: 有珠系火山性土、砂状土

果樹園紹介

signboard
7.6ha(内果樹園6ha)を家族2名とパート従業員2~4名で経営しています。出来上がった果物は主に直売とくだもの狩りで販売しています。入園いただく皆様の利便性と作業効率化のため、太陽の光が隅々まではいるような、ゆったりとした園地を目指しています
リンゴ園
面積240a(約2000本)

つがる25%、ふじ20%、レッドゴールド10%、さんさ、あかね、昂林、紅玉、ジョナゴールド、北斗、王林、陸奥など

すべて袋をかけない「無袋栽培」です

サクランボ園
面積220a(約800本) 90aが雨よけハウス

佐藤錦50%、水門15%、南陽10%、紅さやか、 レ ッ ト ゙ ク ゙ ロ ー リ ー、香香錦、正光錦、紅秀峰、サミット、ナポレオン、月山錦など

もぎ取りやすい低樹高、佐藤錦」には糖度の高いサクランボができるバイオコルト台木を使用しています

ブドウ園
面積90a そのうち55aが無加温ハウス

ナイアガラ20%、ポートランド20%、キャンベル10%、旅路10%、バッファロー、ノースレッド、ノースブラックなど

その他、プルーン40a、プラム5a、それから西洋なしを少々栽培しております。

品種の詳細はくだもの図鑑をご覧ください

園主 紹介

 

hajime

藤盛 元  FUJIMORI、Hajime

1962.2月生まれ、

My Favoritesbookwinepc

果物には美味しい時期があります。いつ収穫するか、いつ出会うかで同じ品種で印象は違います。極端な気候で果物の生育が毎年変わる昨今、美味しい果物を味わっていただくためには、定期的な情報発信が必要です。それにはHPが最適と思い、1999年にこのサイトを立ち上げました。

ブログ形式にリニューアルしたこのサイトでは園主の日常も含め果樹園の新鮮な情報の発信を目指しています。皆様に「旬」の果物と、広々とした果樹園の空間を楽しんでいただけるよう、更新し続けたいと思っております。

 

Comments are closed.